仕事探しを行なう際にはインターネットを使った求人サイトを活用する

保育士の不足

保育士が不足している原因

近年、保育士の求人数が増加している。その理由として女性の社会進出化が挙げられている。 昔の日本は「男は仕事、女は家庭」という言葉が定着していた。しかし、最近では女性は男性と同じように社会で活躍している傾向にある。その原因は、日本が1999年に男女平等参画基本法が施行されたからだ。女性も男性のように社会へ出て、最大限の力を発揮することができることを目指したのだ。また、続く不況のために夫の収入だけでは生活できないという理由も挙げられる。 これらにより、働く女性が急増したため、保育園に預けられる子どもが増えた。そのため保育園や保育士の不足が問題となってきた。さらに、待機児童の増加も大きな問題となっている。

不足を解消するためには

保育士の不足を解消するには求人数を増やすしかない。そのため、就職難である時代に関わらず、保育士には求人数が多い。しかし、なかなか増えない。その理由は何か。 それは、保育士になるためには資格が必要だからだ。保育士になるためには、学校で専門の授業を受けて卒業するか、年に1度行われる保育士試験に合格しなければない。また、この試験は誰もが受けれるわけでもなく、受験資格が必要である。 さらに、この試験は9科目の筆記試験と2つの実技試験を合格する必要があり、とても難しいのである。合格率も10パーセントほどである。 そのため、平成27年度より試験を半年に1回にすることが決定した。また、試験の勉強をするために教材などを受講する場合は一部助成金も出ることになる予定だ。これらにより、保育士の求人へ応募する者が増加することが考えられる。そうすれば、数年後には保育士の不足も待機児童の問題も解決できるだろう。

Copyright© 2015 仕事探しを行なう際にはインターネットを使った求人サイトを活用するAll Rights Reserved.